【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性【2020年版】

SEO ブログに役立つワザ ブログの悩み解決

【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性【2020年版】

ブログ初心者
SEO対策にも繋がるE-A-Tが重要だって聞いたのですが、そもそもどういった意味なのでしょうか?わかりやすくEATに関する情報を教えてほしいな。あと具体的な対策方法とかあったら聞いてみたい。

こういった疑問にお答えしていきます。

本記事を見て分かること

  • 【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tとは?
  • 【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性【2020年版】
  • 【SEO対策】E-A-Tの中でも特に YMYLページが重要
  • 【SEO対策】E-A-Tを高めるための対策方法【2020年版】

本記事を書いている僕は、パソコン1つで生計を立てているフリーランスブロガーです。

  • ブログ歴は2年、Webライター歴は3年
  • 月間300万PVの企業サイトにおいて、ライティング単価2円以上の専属ライター
  • 3つのメディアサイト運営者
    「はたらくPRO」
    「BLOG-PRO」
    「あなたの葬儀」
  • 完全独学で「はたらくPRO」が月30,000pvを達成
  • ブログ収益が月5〜6桁の人

今回はGoogleが推奨している、SEO対策にも繋がってくるE-A-Tについてです。

独自のサイトをもち、日々更新を続けていると「E-A-T」という言葉を耳にすることが増えてくるかと思います。

聞き慣れない単語かもしれませんが、世界の70%以上の人が利用しているGoogleが推奨している言葉であり、知らずに運営をしていると誰にも見られないサイトを自ら作り出してしまう可能性が出てくるのです。

ラルク
なぜなら2020年5月に行われたGoogleアップデートによって、世の中の「E-A-Tを意識していないサイト」というのは検索圏外に飛ばされたからです。

そこで今回の記事は、E-A-Tについて解説するだけでなく、E-A-Tを高める方法を具体的に解説していきます。

知っておくだけで、ブログ運営やサイト運営に役立つのでぜひ覚えておいてくださいね。

【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tとは?

【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tとは?

結論を先に言うと、「E-A-T」とはサイト評価を行うGoogleが掲げる最重要視する評価基準のことです。

それぞれのイニシャルの意味を解説すると以下の通り。

  • E=Expertise(専門性)
  • A=Authoritativeness(権威性)
  • T=Trustworthiness(信頼性)

分かりやすく言うと、専門的な知識をもって読者の問題解決をしていき価値が高いコンテンツを提供しつつ、オリジナル性がありつつも信頼性の高いブログを作りましょうね、という意味。

2020年以降のSEOにおいて最重要項目になってくるので、まずはそれぞれの項目を深掘りしていきましょう。

ラルク
E-A-Tの高め方に関しては後ほど解説していきます。

専門性(Expertise)

Googleは専門性の高いサイトを高く評価します。そしてある特定の分野に関する専門的知識がある人が書いた記事を高く評価する傾向にあるのです。

なぜなら専門性の知識を持った人が書く記事の方が信頼性が高いからです。

例えばサッカー選手がサッカーの記事を書くとしましょう。

サッカー選手はサッカーに関する知識や経験は豊富にあるので、自然と良質な記事が作れるのでGoogleからも評価を得やすくなるのです。

ただここで野球のノウハウを提供した場合、まったく知識や経験がないので「専門性のないサイト」と評価を受けてしまいます。

実際にサッカー系の記事を見たら明白ですが、もともとサッカーを経験した人やサッカー関連の会社が作ったサイトが上位にいるはずですよ。

権威性(Authoritativeness)

権威性のあるサイトというのは、専門の知識や技術を持っているサイトです。

ある特定の分野において「この情報は信用できる」と言われているサイトのことを意味します。

例えば保険のことを相談したいとなったときは、『保険の窓口』に行って専門のスタッフに相談することと同じ。

人は何か悩んだ時に自然と権威のある場所に集まろうとするので、Googleも権威性のあるサイトを上位表示にする傾向があるのです。

権威性のあるWebサイトの特徴

ただサイト内で権威性を示していくには、以下の状態を作り出さなくてはいけません。

  • 記事数が豊富
  • テーマを一つに絞っている
  • 記事の質が高い
  • 被リンクを得ている
  • 定期的にサイトを更新している

単なる「権威」を持っているだけでは、Googleも評価をしてくれません。

周りからの評価をもらって、初めて権威を示していくことができます。

信頼性(Trustworthiness)

Googleは信頼性のあるサイトを高く評価します。

なぜならGoogleは嘘偽りの情報を提供しているサイトを毛嫌いしているので、どれだけ運営者の情報を提示しているかを重要視しているんですね。

例えばサイト内にプロフィールを載せるのが当たり前になってますが、「どこ出身で」「サイト歴何年で」「どれだけの知識があるのか」などを明記すると、より信頼性が上がっていきます。

誰かを信用しようとなると、「信用しようと考えている人がどれだけのことをしてきたか」はしっかりと明記をした方がGoogleから評価を受けやすくなるのです。

【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性【2020年版】

【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性【2020年版】

ここまで、E-A-Tの意味について解説してきました。
次は、E-A-Tの重要性についてです。

実は最適なコンテンツを提供できているかの判断基準は、Googleがまとめた検索品質評価ガイドラインに従って適切な順位を決定します。

そして検索順位を決める際には、特別な訓練を受けた品質評価者によって順位が決定すると言われているのです。

検索順位を決める品質評価者がいる

実際にGoogleでは、以下のように回答しています

Google には、アルゴリズムが適切な検索結果を提供しているか検証し、知見を提供する品質評価者という役割が存在します。この品質評価者は、アルゴリズムに対する変更が正しく機能しているかを確認するのに貢献しています。

引用:品質評価ガイドラインと E-A-T について〜Google「ウェブマスター向け公式ブロ公式ブログ」〜

上記のように、品質評価者は検索結果を決める際の重要なポジションにいることが分かると思います。

品質評価者はE-A-Tを基準に評価をしている

さらにGoogleは以下のように回答をしています。

品質評価者がどのようにコンテンツの品質を評価しているかを理解すれば、コンテンツの改善に役立てることができるかもしれません。そして、コンテンツを改善することで、Google 検索での掲載順位も改善される可能性があります。

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。品質評価ガイドラインを確認することで、E-A-T の観点からコンテンツを評価して、検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。

引用:品質評価ガイドラインと E-A-T について〜Google「ウェブマスター向け公式ブロ公式ブログ」〜

ラルク
わかりやすくまとめると、品質管理者はE-A-Tの基準に従って順位を決定しているという意味です。

ここまで見たら、『E-A-T』 =『専門性、権威性、信頼性』を重要視するサイトが大事であることが分かると思います。

【SEO対策】E-A-Tの中でも特に YMYLページが重要

【SEO対策】E-A-Tの中でも特に YMYLページが重要

E-A-Tの中でも特に重要視されるサイトというのが、 YMYLページです。

 YMYLページというのは、「Your Money or Your Life」の略語で、「人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ」を意味します。

YMYLのジャンルの例を言うと、

  • ショッピングや金銭の取引
  • 投資や税金、資産運用
  • 医療、健康関連
  • 政治や法律、新しい科学技術

などがあげられます。

YMYLページが特に重要視される理由

なぜならYMYLページというのは、強いていうなら『人の人生を左右するページ』でもあるからです。

例えば副業系のサイトが上位にあったとして、サイトに書いていることをそのまま実行に移して失敗してしまったら、上位表示をしているGoogleの責任になりますよね。

なのでちゃんとした有益な情報を届けなくてはいけないため、人生を左右しかねないページは『専門性、権威性、信頼性』を重要視した選別をしていかなくてはいけないのです。

【実例】E-A-Tを意識していない質の低いサイトを検索圏外に飛ばす

実際に副業系や転職系などで、質の低い情報を明記したサイトは検索圏外に飛ばされたという実例がありました。

僕の別ブログでもある「はたらくPRO」も、2020年5月のGoogleのアップデートによって、大幅に順位を下げられました。

正直いってE-A-Tを意識していない部分もあったので、検索順位を下げられてしまったのは致し方ありません。

しかしYMYLの領域は、特に影響を受けやすいというのが実際に運営していて分かった部分ではありますね。

【SEO対策】E-A-Tを高めるための対策方法【2020年版】

【SEO対策】E-A-Tを高めるための対策方法【2020年版】

ではそんなE-A-Tを高めていくためには、どのような対策を施していくことがベストなのでしょうか?

順番に以下の項目別で解説していきます。

  • 専門性
  • 権威性
  • 信頼性

専門性の高め方

サイトの専門性の高め方としては、自分の経験や体験を元に記事を書いていくという方法が最適です。

なぜなら専門性の知識というのは、ただ単なる知識だけではなく自分が経験したことや体験したことを踏まえることで信憑性をあげることができるからです。

例えばサッカーに関するサイトを作っていくなら、サッカーの知識をそのまま載せていくのではなく、サッカーの経験から得た体験談や気づいた点を書いた方が評価をされやすいです。

人それぞれ得意な分野やジャンルがあるものです。

まずは自分が体験したことのあるテーマを探していき、「誰にも負けない!」という自信が持てるサイト運営を心がけましょう。

権威性の高め方

権威性の高め方は、サイトの運営者や運営歴などの実績をしっかりと示していくことが大切です。

なぜなら「この情報は信用できる」とGoogleに評価してもらわなくてはいけないので、これまでの実績が重要になるからです。

例えば、実際に僕が行っている対策方法は以下の通り。

  • 運営者の情報開示
  • これまでの実績紹介
  • 記事の公開日、更新日の公開
  • 権威性があるサイトからリンクの引用
  • ドメインパワーを高める
ラルク
ただ権威性を示していくには、それなりの期間がかかります。

長いサイト運営を心がけたり、日々の情報更新によって権威性を高めていくことができますよ。

権威性がないなら他の人の権威を借りる方法もあり

中には「権威性がない」と嘆く人もいるかもですが、ないなら他の権威性のある人から借りてくるのも1つの方法です。

ラルク
例えば、Twitteから権威のある人の言葉をそのままサイトに貼る方法もありですね。

「ないなら借りる」。
権威性がない人にとっての必殺技ですね!

信頼性の高め方

信頼性の高め方は、指名検索を増やしていくことです。

指名検索とは、サイト名やサイトを手掛ける著者の名前を検索フォームに直接入力して検索することを意味します。

直接Googleの検索フォームに指名検索をされる方が、Google側も評価が高いサイトだと認識してくれるのです。

例えばブログ界で有名なマナブさんも、指名検索を増やしたおかげでアップデートの影響を受けず、収益を維持しています。

指名検索を増やしていくには、SNSでの宣伝を行ったりイベントを開催したりして、サイト名や名前を覚えてもらうことがカギを握ります。

自分のサイトを覚えてもらうためにも、積極的に宣伝活動をしていきましょう。

まとめ|E-A-Tを高めて検索上位を目指そう!

E-A-Tを高めて検索上位を目指そう!

ここまでE-A-Tの重要性や高め方についてまとめていきました。

正直いうと、個人サイトや企業サイトでE-A-Tを意識している人は少ないと思います。

というのもE-A-Tという言葉自体もマーケティング会社がよく使う言葉であり、知らない人の方が圧倒的に多いからです。

ただこれからのサイト運営において、Googleが提示する条件をしっかりと守っていくのは上位表示を目指すためにも必須条件となります。

ぜひ今回の情報を生かして、E-A-Tを意識したサイト作りをしてみてくださいね( ・∀・)ノ

それでは以上です。
ありがとうございました!

-SEO, ブログに役立つワザ, ブログの悩み解決
-, , , , , , ,

Copyright© BLOG-PRO(ブログのプロ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.